blog index

ゆるり気ままにダイエット日記

続・わんわんダイエット日記
<< ラブレター | main | 小さいおっさん >>
「2001年宇宙の旅」はなんだったのか
0
    まだまだ風邪が長引いています。
    だから今日は完全休養日に決定。
    朝から今までソファで横になって映画を見ていました。
    色々見た中で一番「おぉっ!」と思ったのは
    「2010年」です。

    中学の頃に「2001年宇宙の旅」を見て
    『はぁ?』と思って10年チョイ。
    何を思ったか続編を見てみようと思い立ったのです。

    「2001年宇宙の旅」覚えてますか?
    超有名な作品だけに、一度見てみようとチャレンジした人も多いはず。
    冒頭は400万年前の地球が舞台になっていて
    サルが磁石のようなモノリスに出会い、道具を使うようになり狂喜乱舞。
    その間、全く言語は出てこない。
    こんなのが10分くらい続いたような気がする(長っ!)
    中盤、やっと映画らしくなってきて、なんとなく面白くなってきたのに
    最後、またセリフが無くて抽象的なエンディングに突入。
    空飛ぶ赤ちゃんが出てきて終了びっくり
    「ボーマン(主人公)はどないなってん!!」
    ハッキリ言って、時間を損したような気になったものですモゴモゴ
    後で知ったんだけど、
    もともとナレーションで色々と説明するはずだったのに
    監督が「映画のマジックが失われる」と言って
    全部取っ払っちゃったみたいなのですよ。

    そんじゃ「2010年」はどうだったか・・・。
    ズバリ!面白かったッスOK

    これは「2010年」から先に見るべきだと思う!
    「2001年宇宙の旅」が全編通して謎だらけで
    ワケワカメだったのに対して
    「2010年」はキチンとストーリーを理解しやすいようにできてる。
    もちろん、長編小説の映画化ともなれば
    端折ってしまって説明不足な部分もあるにはあるんだけど
    重要な所はちゃんと組み込んでいてくれたからよかった。
    ボーマンは生きていたのよ、皆さん!

    「2010年」を見た後で、改めて「2001年宇宙の旅」を見たなら
    例のサルのウホウホ言ってるシーンだって、なんとなく面白い。
    エンディングの『はぁ?!』なシーンだって、なんとなく面白い。
    それでもなんだか納得できない貴方は続きを読むをクリックしてね。
    見る気はないけど、どんな映画なのか知りたい人もどうぞ。

    だけど・・・長いで?ピピピ
    ネタバレ劇場の幕開けです。
    ☆2001年宇宙の旅

    400万年昔の地球に謎の物体「モノリス」が出現。
    おそらくモノリスは「神」
    もしくは超高度な知能を持つ地球外生命体によって贈られた物だと思う。
    時を同じくして月にもモノリスを埋められたのだけど、
    それがその機能を果たすにはさらに400万年の月日を要する。

    ある日、モノリスに何らかの刺激を受け、サルはふと思いつく。
    「この動物の骨、なんか使えそうひらめき
    サルは骨を振り回し、周りの物を破壊することを覚えた。
    道具を使うサルに進化したらしい。
    サルは水場争いをしていた別グループのサルを道具で殺し、勝利した。
    そうしてやがて人へと進化していく。

    400万年後、人類は月に基地を作り
    宇宙ステーションを建設するほどに進化していた。
    人類は月に埋められたモノリスを発見し、
    それが400万年前に埋められたのだということを知って驚愕する。
    400万年の時を経てそのモノリスが太陽に照らされたその時
    モノリスは強烈な信号を木星へと送り始め、
    その謎を解くべく、人類は木星へ探査船を送り込んだ。

    人間5名と人工知能HAL9000というコンピュータがその探査船の乗組員で、
    途中まで順調に航行していたがトラブルが起る。
    船が故障するとハルが船長に伝えたのだが、
    それが間違っていたことが分かるのだ。
    乗組員はハルの故障を疑い、思考部を停止しようと話し合う。
    ハルは探査船の全てを監視し、運航しているのだから
    もし本当にハルに異常が認められたら大変なことになるからだ。
    しかし賢いハルは乗組員のその企みを見事見破り
    人間の乗組員の皆殺し計画を実行する。
    プールは船外活動中に宇宙服を破壊されて
    人工冬眠中だった3人は生命維持装置を切られ、絶命。
    残る一人は船長のボーマン。
    だが、ハルはボーマンの殺害に失敗し、逆に思考部を止められた。

    ハルが思考を止めたとき、船は木星の圏内に到達。
    あらかじめプログラムされていた映像が船内に流れた。
    この探査船の真の目的はモノリスという物体について調査をすることで
    モノリスは地球外生命体が月に何らかの目的で埋めていったこと、
    それが木星の超巨大なモノリスに信号を送っていることを知らされたのだ。

    一人残ったボーマンは孤独に探査を続け、巨大モノリスを発見。
    小型の探査船に乗り、巨大モノリスへ近づいた。
    突如ボーマンを色とりどりの光が襲い、飲み込まれた。
    何が何だかわからない内にボーマンは不思議な部屋へたどりつく。
    あれよあれよという間に年をとり
    動けなくなった彼のベッドの前にモノリスが現れ
    サルがモノリスによって刺激を受けヒトへと進化したように
    ボーマンは人類を超越した存在のスターチャイルドとして生まれ変わった。

    あのラストシーンはスターチャイルドとなったボーマンが
    絶滅の危機にある地球を見下ろしている図。だったようだ。


    ☆2010年

    2001年に失敗してしまった木星探査。
    連絡を絶った探査船ディスカバリーを調査すべく、
    再び人類は木星へ向かった。
    向かった先、木星の衛星エウロパに生命を発見し探査を試みるが失敗。
    何者かが警告するかのように、全てのデータを消去したのだ。

    その後ディスカバリーを無事に発見した乗組員はハルの復旧を行い、
    超高性能コンピューターであるハルが異常をきたした理由を知る。
    乗組員には「木星探査」と伝え、
    「モノリス・地球外生命体の調査」という真の目的を隠す。
    そんな矛盾が混乱の元だったのだ。
    人間でいう神経分裂症を患ったハルの記憶を抜き取り
    正常な状態で再起動した乗組員は巨大モノリスを調査しに
    近くへ小型探査船を飛ばすが
    その小型探査船もボーマンと同じ様にモノリスに吸い込まれてしまう。

    前作でスターチャイルドとなったボーマンは
    実体をもたないエネルギー生命体となり、かつての妻や母に会う。
    そして、ディスカバリーを持ち帰りに来た探査船の乗組員の前にも現れる。
    2日以内にここを立ち去れと伝えに来たのだ。
    乗組員は理由を尋ねるがボーマンは詳しく教えようとしない。
    それでも巨大モノリスに恐れを抱いていた乗組員は帰還を決心する。
    帰還の準備を進める乗組員は木星に大きな黒点が現れたのに気づく。
    復旧したハルに観測させてみると、
    無数のモノリスが増殖しているのがわかり、帰還を急ぐ。
    しかし、すぐに出発するには燃料が足りない。
    乗組員は仕方なく、ディスカバリーをブースターとして利用し
    木星圏内に捨てて帰る判断をするが、
    ハルがそのストレスに再び暴走しないか心配し
    なかなかハルに真実を告げられない。
    不審に思ったハルが出発を止めようとするので
    仕方なく真実を告げた乗組員だったが、心配は無用だった。
    「真実をありがとう。」と船を発進させたのだ。
    ハルの協力のおかげでモノリスが木星を覆い尽くす前に
    船は地球への帰還軌道に乗ることができた。

    残されたハルの元にボーマンが現れ、ハルにこう命じる。
    「地球に向けてこのメッセージを送れ。」
    その指示に従いハルはメッセージを送信した。
    そしてボーマンに言う。「怖い」と。
    ボーマンはそれにこう答えた。
    「怖がることはない。
    これから素晴らしいことが起るのだから。
    君は僕と同じ所へ行くんだ。」
    直後、モノリスが木星を覆い尽くし、
    想像を絶する程質量を増した木星は遂に核融合を始め、恒星へと化す。
    その衛星エウロパの生命の為に、何者かがそう促したのだ。
    核融合の為にディスカバリー、ハルは消滅したが
    ボーマンの言葉通り、ハルもまたエネルギー生命体として生まれ変わった。

    ボーマンがハルに命じた、つまり地球外生命体からのメッセージ。
    それはこういうものだった。

    『全ての世界は君たちのものだ。
    ただし、エウロパを除いては。
    決してエウロパに着陸してはならない。
    全ての世界を皆で平和のうちに利用するのだ。』

    メッセージを受け取った開戦状態にあったソ連とアメリカは戦争をやめ
    平和な世界がやってきた。

    そして物語は2061年宇宙の旅へと続いていくのである。




    と、こういう感じの映画なんだけど・・・
    やっぱり一回流してみただけじゃ難しいと思う。
    私ももう一回じっくり見たいかな。
    いや、今度は小説をちゃんと読みたいかも。
    この記事書こうと思ってザッと流し読みしただけだし☆
    この話にはまだまだ続きがあって、それは映画化されてないらしいから
    もっともっとこのシリーズを好きになる可能性があると思う。

    ハマったら夢の中までどっぷり浸かる私だから
    しばらくは宇宙の不思議にかぶれてしまうかもしれない。
    | ebausagi223 | 映画見たんです | 18:06 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    これ、瑠奈の映画ストーリー?
    すごいねー(^。^)y-.。o○
    | ヨッシー | 2008/10/27 11:32 PM |
    いやぁ、難しかったから本読んだり
    色々勉強してたどり着いた結果だよ。
    ざっとまとめてみたけど、それでも難解な映画だよね。
    でもすっごい面白かった^^
    | 瑠奈 | 2008/10/28 12:17 AM |
    コメントする


    この記事のトラックバックURL
    http://wanwandiet.wonderful-shop.whitesnow.jp/trackback/890669

    bolg index このページの先頭へ