blog index

ゆるり気ままにダイエット日記

続・わんわんダイエット日記
<< テレビ見てないでしょ!! | main | 両山寺の護法祭 >>
信州の旅
0
    しばらくブログほったらかしで遊んでました(笑)
    かなりのハードスケジュールで2日くらいひっくり返ってましたが
    めちゃめちゃ楽しかったです。

    まずは私の実家へ
    そして犬連れでトレーラーハウスに泊まりに信州へ
    それからダーリンの実家へ
    その後いつぞやのT君がお泊りにきてくれました。
    T君もかなりのお疲れの様子でしたが
    素敵なオヤジギャグ連発で笑いまくりな時を過ごせました。
    来てくれてありがとう^^


    さて、信州の話からまず書こうかな。
    出発は10日の予定だったんだけど、
    その日は台風が来てて出発できず(泣)
    一日温泉と岩盤浴でゆっくりして過ごしました。
    台風の後に山に行くなんて無謀ですが
    どうしてもどうしても信州に行きたかったので、
    次の日に決行。
    車に蓮を乗っけて出発したのでした。
    道中、たいして混むこともなく昼過ぎに
    アイミックス自然村南乗鞍オートキャンプ場に到着。
    ついて最初にしたことは犬を川に連れてくこと。
    うちの家族は何をおいても、最初に犬!なんです(笑)

    トレーラーハウス

    川

    川は案の定、ちょっと増水していたんですが
    水が濁っていなかったのでラッキー♪
    少しの間泳がせてあげました。
    ホントは人間も入りたかったけど
    水が冷たすぎて断念!
    水に入らないまでも、滝の傍は寒いぐらい涼しかったです。
    ここに限らず、水遊びは川が一番ですよね。
    木陰があって涼しいし、日に焼けないし、タダだし^^
    子連れの皆さんにも超オススメです。

    キャンプ場の夜はヒマだろうと思いきや
    ここは眠れない!
    なぜならマンガが沢山置いてあるから(笑)
    驚きましたよ、洗濯機の横にマンガの棚があるんです。
    私が泊まったのはトレーラーハウスですから
    電気があるし、結局夜中まで読んでしまいました(^^;
    キャンプ場に来てまでマンガってどうかと思いますが
    なんだかんだと言って、父と母も読んでました。

    次の日、お片付けを済ませた私たちは
    御嶽山に行ってみようということになり
    ロープウェーへ車を走らせました。
    犬が乗れるのかちょっと心配だったんですけど
    なんと、犬も大丈夫とのこと。
    ロープウェー初体験の蓮は、楽しそうに窓の外を見たりしてました。

    ロープウェー花

    山の上は涼しいけれど日差しは強い!
    日傘が無いと、ものすごく焼けそうです。
    こんな環境の中、花は元気に咲いていて
    植物って強いなぁと感心しました。
    数枚写真をパチリ☆

    そのあとは寝覚ノ床へ。
    面白い景観の渓谷です。
    ダムができて水位が下がって現れた絶景。
    ホントは見ることができなかった景色なんですね。
    人間の力ってスゴイ。
    ここは階段を下の方まで下りていかないと川のそばまで行けません。
    暑かったし、帰りが大変そうだというので
    上から見下ろしただけで帰ろうとおもったんですけど
    蓮がどうしても下に行くと言ってきかないので
    父と伯母を残して、母と蓮と私で行ってみることにしました。
    結果、川の傍へはたどり着けず☆
    最後の最後で岩が大きくて前に進めないんですよ。
    ボーダーコリーが一匹、飼い主と果敢に挑戦してましたが
    足を滑らせて首輪で首つりになってました;;
    苦しそうだった〜。

    寝覚ノ床

    なんで寝覚ノ床って言うか知ってますか?
    浦島太郎が竜宮から帰ってきて、
    ふらふらとここまでやってきたんだそうです。
    そしてふと思い出して玉手箱を開けたら
    ここで300歳のおじいちゃんになっちゃったんですって。
    はっと気付いたらおじいちゃん。
    目が覚めた。だから寝覚ノ床。

    蓮と母と私は暑くてバテバテ。
    でもこのままではまだ帰れません。
    次は妻籠へと車を走らせました。
    妻籠って言うのは江戸と京を結ぶ木曽街道の宿場町で
    交通の要衝として古くから賑わっていた所です。
    明治になって鉄道とか、交通機関が発達して
    衰退を始めていたんですが
    江戸時代の宿場の姿を色濃く残した
    町並みを保存しようと運動が起こって
    今のような観光地になったんだとか。
    妻籠の人は家や土地を
    「売らない・貸さない・壊さない」
    という3原則でこの地を守ってるんですって。
    スゴイなぁ。

    妻籠

    妻籠の近くにはもう一つ馬篭宿があって
    そっちも行ってきました。
    ここには島崎藤村が住んでいたそうです。

    馬篭

    妻籠も馬篭も外国人に人気なようで、
    ちょこちょこ外国の方を見かけました。
    日本の観光でココを選ぶのは大正解かも。
    本当に美しい里です。

    馬篭を出るころに日が落ちて、家路につきました。
    信州はもう一度ゆっくり回りたいなぁ。
    今度はダーリンも一緒にいけるといいな。
    | ebausagi223 | 旅日記 | 11:16 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    信州でキャンプ、涼しそうでいいですね☆
    それにしても、キャンプ場に漫画って!?
    初めて聞きました。

    寝覚ノ床の写真はすごい絶景!!
    それに、妻籠はとっても素敵な街並みですね。
    長野にこんなところがあるんだ〜。
    お隣の県なので、私もフラ〜っと行ってみたいな♪
    | かず | 2009/08/21 12:00 AM |
    ほんとに涼しかったです♪
    夜はさらに寒くて、ヒーターをつけてました。
    同じ日本でもこうも違うんですねぇ。
    テントの人はどうやって寒さをしのいだんでしょう;;

    信州は見どころ沢山でいいですね^^
    かずさん、近くにお住いなのがうらやましいです。
    高い山の谷にある妻籠、山の上にある馬篭。
    どちらも私の求めてやまない景色でした。
    自然と上手に共存していた昔の人たちに思いをはせて
    ちょっと胸が熱くなっちゃいました。
    | 瑠奈 | 2009/08/21 9:13 AM |
    コメントする


    この記事のトラックバックURL
    http://wanwandiet.wonderful-shop.whitesnow.jp/trackback/996526

    bolg index このページの先頭へ